経営計画委員会

2018年度 経営計画委員会 事業計画
委員長 大沼ひろみ
研究テーマ会社と働く人達が成長する経営計画書
~経営計画書を作成しよう!作成し続けよう!~

みなさんの会社に経営計画書はありますか?
一般的に中小企業では3割程度の会社しか経営計画書を作成していないといわれております。会社の羅針盤とも言うべき経営計画書が無くては、変化の非常に激しい現状の中、今後どこに向かっていってよいか、どこに進んだらいいかもわかりません。
経営計画書は、自社のなりたい姿を明確に定め、方針を策定し、共有し、全員で実行するものです。
だからこそ、社長・社員さん、そして会社が成長するためのガイドとなります。
未作成の方、そして作成されたばかりの方も、継続して作成し、共に成長していきましょう。

1.活動方針

「それぞれのステップに合わせた経営計画書の作成・実行」
初めて経営計画書を作る人も、継続的に経営計画書を作っている人も、作成して満足してしまっては、時間と労力をかけて作成した経営計画書は絵に描いた餅になってしまいます。
今回の委員会活動では、初めて経営計画書を作る人にとってはもちろんのこと、継続して経営計画書を作り続けている人が、日々どのように実践、検証し、会社と働く人が成長するためにフォローアップできる勉強会にします。そして、会長方針のとおり経営計画書作成会員率70%の実現を目指します。

2.活動内容

①「作成勉強会の開催」
経営計画書作成経験者を講師とし、初めての方でもわかりやすく作成していきます。
また、継続して経営計画書を作成しているメンバーには、前年度計画書の検証と定期的進捗状況を発表し、目標管理ができるようにさらに精度を高めます。

②「例会・経営発表大会の参加」
作成した経営計画書は、発表することを通じて新たな気づきやアイデアを得る場となり
更なる目標実現へつながっていきます。千葉北経営研究会の例会・経営発表大会にて、
なるべく多くの方に発表いただく場を提供したいと思います。

③「企業訪問の実施」
実際に経営計画発表を行っている会員企業を訪問して、社長さんや社員さん達の生の声を聞くことで、経営計画書を導入し続けている会社の社風を感じたり、導入したことによる会社の変化等を学びます。