経営戦略委員会

2018年度 経営戦略委員会 事業計画
委員長 日比野仁樹
研究テーマ大変革期を乗り越える経営戦略を学ぶ
~経営資源をどのように活かすべきか~

今私たちの置かれている社会は大きな変革の時を迎えています。このような変革の時代だからこそ「経営戦略」は経営者に限らず、多くのビジネスリーダーに求められる必須の知識になりつつあります。経営資源である人、モノ、金、情報の使い方を研究し、時代や環境の変化に対応し存続し続ける為の経営戦略を例会、企業訪問を通して学んでいきます。

1.活動方針「組織で活動するからこそ得られる達成感を体験しよう!」

会長方針である「参加したい、活動したい」と思える魅力溢れる組織創りを委員会の活動を通して体感します。スモールコミュニティー活動だからこそできる関りの中から会員同士の(絆)親密性をより深めていきます。例会運営をはじめ、企業訪問先選定、委員会内での企業訪問など委員会メンバーが運営の柱となり一人、一人の想いを委員会活動という形で具現化します。組織活動でしか得ることのできない達成感を体験することにメンバー一丸となって楽しくチャレンジし活動していきます!

2.活動内容

①「講師例会」(他社の優れた仕組みづくりを学ぶ)
自社の強みを存分に活かした経営戦略を実践されている企業をお招きして、自社の仕組みづくり構築の為のノウハウを学びます。戦略の立て方やそれを浸透する方法を学びます。

②「企業訪問」(自社に活かせるポイントを見極める)
講演で得た知識とヒントを最大限自社に活用できるよう実際に現場を訪問する事で他社の優れた経営戦略から学び自社の仕組みづくり構築に落とし込みをします。(ベンチマーク)
   
③「勉強会開催」(絆を深め会員企業から学ぶ)
会員企業を訪問し学ぶ機会を設けます。経営研究会の最大の特徴は数字はもとより多くのことがオープンであることです。お互いの長所、また問題・課題を共有することで経営革新につながる勉強会を開催します。