2017年1月例会のご案内 『人間力の涵養(かんよう) -ストロークの重要性-』 1月30日(月)

2017年1月例会
人間力の涵養(かんよう)
-ストロークの重要性-

私達は、経営をしていますが「経営とは何か」と問われると明確に説明できないかもしれません。
改めて「経営とは何か」を再確認し、成長・発展し続けていくには、目的・ビジョンを明確にし、目標に向かって三位一体で
取り組んでいく必要があります。その為には人間力を高め、社員さんや関わる方々との より良い人間関係をつくることが大切です。
私たちは、日々 社員さん一人ひとりと、どれくらいの愛情をもって接しているのでしょうか。
1月例会では、活性化された社風を確立し、目標を達成するために「ストロークの重要性」について学びましょう。

reikai_2017_1

講師紹介

坂東弘康氏
◇一般財団法人 日本教育推進財団 会長
◇関西医療大学 客員教授
◇㈱ヒューマン・スキル・カレッジ 代表取締役
◇㈱日本創造教育研究所 取締役
◇特定非営利活動法人 日本政策フロンティア 副理事長

経歴 1959年 横浜市生まれ
学習院大学法学部政治学科卒業
早稲田大学人間科学部健康福祉科学科卒業
英国国立ウェールズ大学経営大学院経営学修士課程修了(MBA)
松下政経塾 第6期生

1987年
(株)日本創造教育研究所を設立。”中小企業の活性化”を目的に、経営コンサルティング・人材育成研修を行う。研修修了生55万人、会員企業数1万2千社に至る。
2000年
(株)ヒューマン・スキル・カレッジ(Human-skill College ,Inc.)を設立し、家庭教育・学校教育・社会人教育の全般にわたる人間教育実践活動を展開。
2006年
『一般財団法人 親学推進協会』設立と共に理事に就任。
“親が変われば、子どもが変わる”というスローガンのもと、家庭からの教育再興を実践し、「親学アドバイザー養成講座」の研修講師を担当。
2009年
『一般財団法人 日本教育推進財団』設立と共に会長に就任。
加藤寛先生(慶応義塾大学名誉教授・千葉商科大学名誉学長)を初代名誉会長に迎える。家庭教育・学校教育・社会人教育の各分野を包括的に向上発展させるため、人材育成と政策研究を柱とした社会教育活動を実施。
2012年
学校法人関西医療学園 関西医療大学 客員教授に就任。

著書 『「親学」の教科書 -親が育つ 子どもが育つ- 』(共著)PHP研究所
   『親学アドバイザーの手引き』(共著)PHP研究所

開催日時

◆日付 2017年1月30日(月)
◆時間 18:00~20:30 (受付開始 17:30~)
◆場所 東葛テクノプラザ 1Fホール
    千葉県柏市柏の葉5-4-6

お申込み・お問い合わせ

千葉北経営研究会
担当者 白鳥雄次